×

縁の取付け方による襖の名称

堀付き(ほりつき)

一般的な襖縁の付け方で、縁の表面に釘の頭が見えないように、折れ合い釘、木ネジなどを使って縁を取付けたもの。このため「釘かくし」「折れ合い」とも呼ばれる。

打付(ぶっつけ)

襖縁の外側から釘止めをしたもの。釘の頭が表面に出ているため、「打ち付け」ともよばれる。

印籠(いんろう)

襖縁と骨を印籠の形で取付けたもの。

参考文献「襖考」